ネットワーク活動の概要

日本災害看護学会では、平成12年1月よりネットワーク活動を開始し、災害発生時の看護ケアニーズに関する情報収集を中心にした活動を実施している。具体的には、地震、水害、大規模事故等の災害時に初期調査および初動調査、継続調査(平成25年~)を行っている。

Ⅰ.ネットワーク活動・調査調整部の目的と活動内容

 

1. ネットワーク活動・調査調整部の目的

国内の災害時の看護ニーズについて調査・情報収集を行い、そのデータを蓄積し、災害看護の知識の構築に貢献することを目的としている。

2. 活動内容

 1)一定規模以上の災害が発生した場合、被災地を対象として、初期調査・初動調査・継続調査を実施する。

 2)先遣隊と共に活動した場合、活動内容を経時的に記録し、そのことの意味を記録に残す。

表1. 活動の定義
活動の定義
表2.活動の基準
活動の基準
※基準外の災害であっても委員会が必要と判断した場合、調査を行う。

 3)定例会議を開催し、ネットワーク活動から得られた知見のまとめや活動方法等の課題・問題点の検討を行う。

 4)本活動の成果は、日本災害看護学会誌等に投稿し、広く社会に還元するよう努める。

3.活動組織

ネットワーク活動委員会は、ネットワーク委員会、調査調整部、先遣隊の3組織から構成されている。先遣隊は理事会付の組織であるが、先遣隊活動に関することはネットワーク活動委員会の管轄となる。
図1.ネットワーク活動委員会組織図
ネットワーク活動委員会組織図

Ⅱ.活動体制

ネットワーク活動・調査調整部のメンバーは、年度初めに月担当者を決める。具体的には、月毎に本部・東日本エリア・西日本エリア(地域担当者)の3名で構成し、初期調査・初動調査・継続調査、および先遣隊の活動調査を実施する。

現在22名の調査調整部メンバーが初期調査や初動調査・継続調査を実施している。(H26.11現在)

メンバー


先遣隊活動

1.先遣隊の目的

 1)大規模な災害が発生した場合、災害看護の専門家として現地に入り、健康問題、看護ニーズ等の情報収集と査定を行い、必要な看護支援を明確にする。査定を行う際には看護ケアを実践しつつ、支援体制作りに必要な情報提供、助言や関連諸機関への橋渡しを行う。

2)本活動は原則として国内の災害を対象とし、活動を通して災害看護の知識の蓄積に貢献する。

2.活動時期

災害直後~3日以内に現地に入り目的を遂行する。活動期間は活動の目的、メンバーのストレス・疲労等を考慮し、原則として1名につき3日間以上5日以内(最大でも1週間以内)とする。現地の状況によっては、必要に応じて交代は可能とする。

3.先遣隊登録者

本活動の目的を果たすことができる災害看護のエキスパートを先遣隊登録者とする。先遣隊登録者は事前登録を行う。登録する場合は先遣隊研修を受け、理事会で承認を得る。

先遣隊登録者




Message

会員数:2016年6月末現在

名誉会員:4名
(うち2名は物故会員)
個人会員:1541名
組織会員:42組織
賛助会員:6組織

Link