国際交流委員会の役割と活動

1.国際交流委員会の役割と活動

1)日本の災害看護に関する情報発信
2)学術交流を主とした国際ネットワークの構築
●具体的活動

1. 災害看護情報の国際的な知識普及
○本学会並びに日本における災害看護情報の発信
ホームページを介して日本における災害看護の取り組みや情報を世界に向けて発信
する。
①学会誌に掲載された論文等紹介
②海外での災害看護活動の紹介

2. 看護に関する国際的なネットワークの構築
○日本国内外における災害関連学会の情報の収集と情報発信。
○世界災害看護学会との連携

 

2.国際情報の提供

1)世界の災害発生状況
2)その他

日本災害看護学会国際交流推進委員会事務局
〒673-8588
兵庫県明石市北王子町13-71
地域ケア開発研究所内
℡(代)078-925-9605(内線)538
Mail cm08s006@stcnas.u-hyogo.ac.jp
渡邊聡子

【論文選定時の留意事項】

1. 対象とした文献
①日本災害看護学会誌Vol.5 No.2~Vol.6 No.3
②学会誌に掲載された論文[理事会による学会活動][研究論文][調査] の中で、日本の災害看護に関する取り組みがわかる論文

2. 掲載論文数:予算との兼ね合いのため、5編前後とする




Message

会員数:2016年6月末現在

名誉会員:4名
(うち2名は物故会員)
個人会員:1541名
組織会員:42組織
賛助会員:6組織

Link