日本災害看護学会は任意団体から一般社団法人に移行しました。

会員の皆様

一般社団法人 日本災害看護学会
理事長 山本 あい子

皆様方におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、日本災害看護学会は、平成28年7月1日付を持ちまして、一般社団法人としての登記が終了し、『一般社団法人 日本災害看護学会』が設立いたしましたことをご報告いたします。
また、昨年8月の総会にて、定款案を提示しておりましたが、一部修正が必要な箇所があり、理事会に修正をご一任いただきました。その後、理事会で審議、修正を行ってまいりました。今回、登記の際に提出いたしました一般社団法人 日本災害看護学会の定款を添付いたします。
ご確認いただければ幸いでございます。
修正点は以下となっております。
・(事業)第4条に事業内容(四 被災地における看護活動、 五 災害発生時にお
ける寄付助成事業)を追加
・(会員の権利)第11条2,3,4,5項に各会員の権利について整理
・第7章 (構成)第32条3項を追加(理事会参加者について)
・第10章(年次大会)第43条2項を追加(年次大会長の理事会出席について)

今後、学術団体として社会的な役割をさらに果たしていき、本学会の発展、拡充に尽力していきたいと考えております。
今後とも、何とぞよろしくお願い申しあげます。

定款




Message

会員数:2017年12月末現在

名誉会員:4名
(うち2名は物故会員)
個人会員:1,469名
組織会員:39組織
賛助会員:6組織

Link