災害看護教育 -原子力防災教育を中心に-

青森県立保健大学 上泉和子

青森県下北地域には、ウラン濃縮工場、低レベル放射性廃棄物埋設センター、高レベル放射性廃棄物貯蔵・管理センター、使用済み核燃料受け入れ・貯蔵施設、原子力発電所、などの原子力関連施設が集中して建設されています。こうした地域がら、学部3年生の災害看護学に原子力防災に関する教育を導入し、毎年100名程度が選択しています。内容は放射線の基礎知識、原子力災害、被曝による人体への影響、被爆者への看護、被爆防護対策、などで学生の関心も高まっています。(2007.12.10.更新)




Message

会員数:2016年6月末現在

名誉会員:4名
(うち2名は物故会員)
個人会員:1541名
組織会員:42組織
賛助会員:6組織

Link